各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

コレステロール値について (2016/8/23)

 獣医さんで血液検査などをした時に「コレステロールが高い」と指摘されることがあります。

 コレステロールというと悪いというイメージがありますが、動物が生きていくためは、なくてはならない重要な脂質です。
また、コレステロールには、良いコレステロール(HDL)と悪いコレステロール(LDL)があり、良いコレステロールが多い場合でも総コレステロール値は高くなります。
人間の場合は、HDLとLDLの数値まで計りますが、獣医さんでは総コレステロールだけを計っている場合がほとんどで、本当に悪いのかどうか分からないのが実際です。
 また、犬や猫は動脈硬化になることは、ほとんどありませんので、コレステロール値だけが高い場合は、あまり気にしなくても大丈夫です。
 どうしても心配な場合は、獣医さんに「HDLとLDLも調べてください」とお願いしてみてください。

 悪いコレステロールが多い場合でもコレステロールを含んだ食べ物を制限する必要はありません。
人間の場合でもそうですが、”食べたコレステロール”は、”血液中のコレステロール”とは無関係だと証明されています。

 コレステロール値を下げたい場合には、必死打脂肪酸のオメガ3が良いです。
悪いコレステロールを抑えて良いコレステロールを増やす働きがあります。
当ショップの取り扱いでは、フラックスシードパウダーフラックスシードオイルチアシードサーモンオイルなどがあります。
コレステロールだけのことでなく、健康に過ごすためにも全ての子におすすめです。

 何度も言いますが、コレステロール値はあまり気にしなくても大丈夫です。
獣医さんで療法食などを勧められることがありますが、慌てて購入しないでください。

 

前へ(放射能汚染) 次へ(21歳と18歳い)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 健康

散歩

絶食

健康としつけ

生活習慣病

長寿食

ホリスティック

健康診断

プラセボ効果

対症療法

自然治癒力

放射能汚染

コレステロール

腸内環境

プラスの感情

腹八分

犬の腸内細菌

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP