各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

処方食(PHコントロール)について (2015/2/13)

 以前にも療法食(処方食について)についての記事を書いたことがありますが、今回は特に泌尿器系の疾患に使われる療法食について当ショップの意見を書いてみます。

 療法食というのは、簡単に言えば結石の原料になる『マグネシウムやカルシウムを極端に制限したフード』で、尿のPH値を調整する作用もあるフードです。
尿路結晶の原料になるマグネシウムやカルシウムが少ないので結晶は出来にくいのは確かですが、マグネシウムは特に心臓を働かせる重要なミネラルで、カルシウムも生きていくために必要な栄養素です。
健康に生活していくためには継続して与えるフードではありません。

 最近は予防用として継続して与えても良い療法食もできているようですが、尿路結晶のことばかり心配するよりも、根本的に健康に過ごすことを第一に考えてあげるのが良いと思います。

 ストラバイト結晶は“食事の内容や代謝異常、ストレス、運動不足”などが原因で出来るもので、毎日の食事や生活を改善することで解決できます。

 療法食には防腐剤が含まれています。
人間の食物には使ってはいけない『BHA』という成分で、もちろん犬猫にも危険なものです。
 また、それ以上に、極端に塩分が多く極端にミネラルを制限した偏ったバランスの療法食を摂ることは、健康のためには大きな悪影響があると思います。

 どんな症状の子でもそうですが、まずは化学的な防腐剤などを含んでいない自然な食事を与えること、充分に水分をとってオシッコは我慢させないこと、あとは充分に運動できれば尿路結晶などは気にしなくても大丈夫だと思います。
尿のPH値に正常値というのはありません。
どうしても酸性にしたいのなら、タンパク質を多く取ること、充分な運動を心がけてあげてください。

 尿のPHについては以前にも書いていますので見てください。
(PH値)

健康に長生きするためには、HAC和歌山では療法食はおすすめしません。

 

前へ(ガンの食事療法) 次へ(脳腫瘍)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

胆泥症について

カテゴリー 獣医さん

病気

ワクチン

フィラリア予防

狂犬病ワクチン

処方食

獣医さん

セカンドオピニオン

ワクチン②

不妊手術と獣医さん

PH値

ステロイド剤

PHコントロール

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP