各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

胃液について (2003/6/30)

 時々、「胃液を吐く」というお問い合わせをいただきます。
獣医さんの診たては、「胃が空っぽになっているから」ということが殆どです。間違っては、いないですが正確に言うと、「胃の中が空っぽなのに胃酸を分泌するから」です。
 原因は、ストレスや食べすぎ、消化不良などです。

 また、フードを変えたときにも起こりますが、「胃が空っぽになっている」ということから、そのフードは消化の良いフードだと考えている方が多いようですが、そうではなくて、消化吸収が上手く出来ないから、胃酸過多になって起こることです。
 フードを変えたときに胃液を吐く場合は、そのフードはその子には合わないと判断しても良いと思います。

 で、対処法ですが、ストレスの原因を取り払ってあげたり、充分な運動や、食事に生野菜(ハーブ)や植物オイルを混ぜてあげるのが効果的です。

 胃液を吐かなくても、草を異常に食べたりするときも同じように対処してあげれば良いです。

 あと、石や土を食べたりするのは、また別で、子犬のときにミネラルの少ない食事を食べていた子に多いようです。その場合もハーブや植物オイル、場合によってはサプリメントを混ぜてあげることが有効です。

 ハーブ、サプリメントについては、お問い合わせください。

 

前へ(しつけ) 次へ(夏対策)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

食欲について②

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP