各種疾患の改善・予防のために、心と食事、生活環境のご提案

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

病気について (2003/6/19)

 犬や猫って、急な痛みには、泣き声を上げたりして反応しますが、ジワ~と湧き上がってくるような鈍い痛みには想像以上に我慢強い面があります。
 そのため、症状の現れにくい病気の場合、飼い主さんが気付いたときには、かなり進行していることがあります。

 一般に、下痢・嘔吐などについては、飼い主さんも心配されるのですが、ワンちゃんやネコちゃんが元気で食欲もあれば、ほとんどの場合、しばらく様子を見ても大丈夫です。
 それよりも、「ちょっと元気がないかな」というような状態が続いているときの方が、深刻な病気の前兆の可能性があります。

 ところが、はっきりとした症状がないので、獣医さんに診てもらったり、相談するのも気が引けることが多いようですし、飼い主さんも、ご自分の判断で、しばらく様子を見てみようと思いがちです。

 もちろん、何でもないこともありますが、そんなときこそ獣医さんで診てもらってください。
 ところが、ほとんどの獣医さんは、検便程度の簡単な検査だけで、しばらく様子を見るようにとおっしゃって、適当な薬を処方すると思います。そんな時に、詳しい問診や時には慎重な検査をしてくれるような獣医さんこそ、本当に動物の病気に精通した、お奨めの獣医さんです。

 話はそれてしまいましたが、はっきりとした症状はないけれど、飼い主さんにしか分からない状態の変化って重要なことです。

 必要以上に色々なことに神経質になってしまうのも考えものですが、動物達の重要なサインを見落とさないためにも普段のコミュニケーションを十分にとってください。

 って、偉そうに書きましたが、実は、自分の、過去の悔やんでも悔やみきれない悲しい経験からのアドバイスです。
 獣医さんに相談できないことや、相手にされないようなことでも、飼い主さんがおかしいと感じることや気になることがあれば、どんなことでも遠慮なくお問い合わせください。

 

前へ(アレルギー) 次へ(動物愛護)

 

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 日常

犬の幸せ

犬との生活

病気

胃液

夏対策

マルチーズ

仔犬

散歩

食糞

老・障害犬(猫)

出産

時間がない

安楽死

運動制限

美容室

ペットセラピー

飼い主のマナー

ウンコ

動物の供養

災害時の備え

日本と海外の違い

問題行動の責任

食欲

熱中症

21歳と18歳

食欲について②

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

胆泥症について

カテゴリー 獣医さん

病気

ワクチン

フィラリア予防

狂犬病ワクチン

処方食

獣医さん

セカンドオピニオン

ワクチン②

不妊手術と獣医さん

PH値

ステロイド剤

PHコントロール

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

HAC和歌山
QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日
  第2木曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

↑ PAGE TOP