ペットショップHAC和歌山

Tel:073-480-5678営業時間:AM10:00~PM7:00 休業日:水曜日

腎臓病とタンパク質制限 (2017/8/27)

 最近、SDMAという従来よりも早い段階で腎臓の損傷をチェックできる腎臓マーカーが出来ています。
腎臓の機能の低下を以前よりも早い段階で見つけることができるようになりました。
それは良いことだと思いますが、その時にタンパク質を制限した腎臓用の療法食に切り替えることも多いようですが、その段階ではタンパク質の制限はしなくても良いです。
というよりも、タンパク質の制限はしない方が良いです。

 最新の人間の医療では、腎臓病の初期・中期にはタンパク質制限はしません。
それは、実際にタンパク質制限をしても状態が変わらず、かえって栄養バランスがおかしくなり健康面でマイナスになるからです。
 体内にタンパク質が不足していると筋肉などを分解してタンパク質を作り出します。
その代謝によって通常以上に老廃物が出来てしまい、腎臓の負担は大きくなってしまうんです。
まして犬や猫は人間以上にタンパク質を必要としますので、タンパク質制限の食事は腎臓のためにも健康のためにもプラスにはなりません。

 高品質でバランスの良いタンパク質、炭水化物、脂肪は腎臓の負担になる老廃物を最小に抑えます。
腎臓の数値が悪いからといって、すぐに療法食に切り替えるのはお勧めしません。
良質なタンパク質を摂ること、充分な水分を摂ることを第一に考えてください。

 

前へ(骨型牛皮ガム)

 

→ blog バージョン

●→「ひとりごと」トップ

カテゴリー 病気

病気

肥満

泌尿器系疾患

運動制限

痙攣発作

尿のPH値

下痢

心臓病の予防

てんかん発作と糖質

PHコントロール

便秘

シュウ酸カルシウム結石

進行性網膜萎縮症

口内炎

心臓病の食事

肝臓について

腎臓とタンパク質

 

ご相談・お問い合わせ(無料)

 


メール(24時間受付)

 

TEL 073-480-5678(受付時間 AM10:00~PM7:00)
[緊急の場合に限り、受付時間外でもご相談ください]

※ 留守電に録音していただいても聞き取れないケースが多数発生しています。
恐れ入りますが、録音していただく場合、お名前やお電話番号などはゆっくり、はっきりとお願いします。

 

FAX 073-480-5677(24時間受付)

 

 

サイト内検索

 

HAC和歌山
  QRコード

 

CONTACT US

〒 640-8463
和歌山市
楠見中20-1

 TEL:073-480-5678
 FAX:073-480-5677

定休日
 毎週 水曜日

営業時間
 AM 10:00~
 PM 7:00

 

地図

メール

 

LINE公式アカウント
HAC和歌山 QRコード
友だち追加

↑ PAGE TOP